使いこなせるようになると、非常に便利かつ仕事が早くなる「Sublime Text3」のgrep機能について紹介します。

※grep(lobal regular expression print)とは、プロジェクト内の複数ファイルにわたり、指定した文字列を検索したり一括で置き換えたりする機能です。

【当記事で使用しているOSとアプリのバージョン】

  • macOS Catalina 10.15.4
  • Sublime Text 3.2.2

Sublime Text3のgrep機能の紹介

grepを表示するには、メニューから[Find]→[Replace]と選択するか、以下のショートカットキーを押します。

command + shift + f

Sublime Text3のgrep

各アイコンの機能説明

上記画像の1〜5の各アイコンの機能は以下の通りです。

  1. Regular expression

    オンにすると「Find」で、正規表現検索が有効になります。

    例えばCSSで、スペース・改行・タブなどをまたいで特定の文字を検索したい場合、以下のように入力すればヒットします。

    ;\s*?font

    Findの正規表現例

    「正規表現」とは文字の集まりを、特定の文字列や記号で表現する方法のことです。
    (詳細な説明はここでは割愛しますが、基本的な正規表現一覧についてはこちらが参考になります)

  2. Case sensitive

    オンにすると、「Find」に入力した大文字小文字を判別して検索します。

  3. Whole word

    オンにすると、「Find」に入力した文字列を完全一致で検索します(スペースやハイフンなどの区切りごとに単語で一致させる)。
    ただ、日本語の文字列は単語や文節で判別できないので、注意が必要です。

  4. Show Context

    オンにすると、検索結果画面で、検索した文字の前後数行も一緒に表示します。

    Show Contextなし

    Show Contextあり

  5. Use Buffer

    オンにすると、検索結果を新しいタブで表示します(オフの場合は、下部に検索結果が表示)。

検索するディレクトリやファイルを指定する

「Where」に入力する内容で、検索するディレクトリや拡張子を指定したり、除外したりできます。

Where

現在開いているファイルのみを検索対象にする
<current file>
特定のフォルダ以下を検索対象にする
/Users/name/web-generalist/wp/wp-content/themes/

Finderなどからコピーしたフォルダパスを入力するか、以下のようにサイドバーでフォルダを選び、右クリックから「Find in Folder」を選択すると自動的に入力されます。

Find in Folder

特定の拡張子ファイルのみ検索対象にする
/wp/wp-content/themes/,*.php,*.css

*.に対象の拡張子を入力します。
複数ある場合は,で区切ります。

特定の拡張子ファイルを検索対象から除外する
/wp/wp-content/themes/,-*.php,-*.css

-*.に対象の拡張子を入力します。
複数ある場合は,で区切ります。

特定のディレクトリを検索対象から除外する
/wp/wp-content/themes/,-*/js/*

ディレクトリ名の前後を*で区切ります。


以上、「Sublime Text3」のgrep機能について紹介しました。

参考にさせていただいた記事
関連する記事

コーディング業務を爆速にするSublime Text3のショートカットキーまとめ(Mac編)