Sourcetreeで、ファイルステータスや作業ツリー上に記載されたファイルを任意のテキストエディタ(ここではSublime Text3)で開くようにする方法を紹介します。


【当記事で使用しているOSとアプリのバージョン】

  • macOS Catalina 10.15.6
  • Sourcetree Version 3.1.2

1. シェルスクリプトを作成する

Sourcetree上からファイルを開くための「シェルスクリプト(.sh)」をテキストファイルなどで作成して、任意の場所に保存します。

#!/bin/sh
/Applications/Sublime\ Text.app/Contents/SharedSupport/bin/subl $*

ここでは、上記を記載したファイルをopen_sublime_text.shの名前で保存します。

2. 作成したシェルスクリプトに実行権限を追加する

先ほど作成したファイルに、ターミナルやパーミッション変更できるアプリで実行権限を付与します。

ターミナルでシェルスクリプトに実行権限を付与するコマンド
chmod +x open_sublime_text.sh

シェルスクリプトのパーミッションに実行権限を付与

※実行権限がないと、launch path not accessibleというエラーが出てカスタムアクションが実行できません。Sourcetreeカスタムアクションのエラー

3. SouceTree のカスタムアクションに登録する

  1. SouceTreeのメニュー[環境設定(command + ,)]→[カスタムアクション]を選択する
  2. [追加]から以下を設定
    • メニューキャプション・・・カスタムアクションの任意の名称
    • 実行するスクリプト・・・作成したシェルスクリプトを指定
    • パラメータ・・・$FILE

    カスタムアクションの登録

設定完了後、ファイルステータスの画面などから、[右クリック]→[カスタムアクション]で登録した動きが実行されればOKです。

Sourcetreeカスタムアクション

以上、Sourcetreeから、ファイルを任意のテキストエディタ(ここではSublime Text3)で開くようにするカスタムアクションを紹介しました。
(カスタムアクションの設定は他にもあるので、興味がある方は色々調べてみるのも良いかと思います)

参考にさせていただいた記事