サーバ内のファイルのパーミッションを一括で変更するLinuxコマンドを備忘録として記しておきます。

Linuxコマンドを使えば、特定ディレクトリ内や特定の拡張子のみを指定して、一括でパーミッションの変更ができます。

サーバの最上層からcssファイルのパーミッションを変更する例

該当ファイルを確認する
find /home/xxxxx/xxx.com/public_html/wp-content/ -name \*.css -exec ls -l {} \;
該当ファイルのパーミッションを644に変更
find /home/xxxxx/xxx.com/public_html/wp-content/ -name \*.css -exec chmod 644 {} \;

現在の階層のひとつ上からjsファイルのパーミッションを変更する例

該当ファイルを確認する
find ../ -name \*.js -exec ls -l {} \;
該当ファイルのパーミッションを644に変更
find ../ -name \*.js -exec chmod 644 {} \;
参考にさせていただいた記事