SourcetreeでリポジトリのCloneをしようと思っても、「ソースパス、またはソースURLとして正しくありません」等と表示されCloneが出来ない時があります。

この記事ではその解消法を紹介します。
(※MacとWindowsのSourcetreeで、挙動が異なる場合がありますので、3つの方法を記載)

1. GitHubのリポジトリURLを直接コピーする

ブラウザでGitHubのリポジトリURLのトップを開いて、そのまま下記のURLをコピーペーストします。

https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名

Windows版のSourcetreeなら、これで上手くいくことがあります。

2. GitHubの画面からコピーする

GitHubの画面から以下の手順でURLをコピーします。

  1. 「Clone or download」 をクリック
  2. 「Use HTTPS」 をクリックして切り替える(画像は切り替え後なので「Use SSH」となっています)
  3. 「Use Git or checkout with SVN using the web URL.」の下のURLをコピー

GitHubからコピー

コピーしたURLは、以下のように最後に「.git」がついたものになります。

https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

3. Sourcetreeを使ってリモートからCloneする

自分が管理者であるリポジトリや、ウォッチ・forkしているリポジトリであればこの方法が一番確実かもしれません。

  1. Sourcetreeを開き、「リモート」のリポジトリ一覧を表示する。
    Sourcetreeからクローン
  2. 「クローン」をクリックし、「これはGitリポジトリです」と表示されればOK。
    Sourcetreeからクローン成功

ソースURLは以下のようになっています。

https://ユーザー名@github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

これらいずれかの方法で、SourcetreeでローカルへのリポジトリのCloneが出来るはずです。