自分が保有するWebサイトのキーワードの順位や、SERPs(検索結果画面)からのCTR(クリック率)などを調べるのにSearch Console(サーチコンソール:以下サチコ)はかかせません。

しかし、サチコの「検索アナリティクス」では、データを一度に999件までしかダウンロードできないため、解析したい場合にすべてのデータをとろうとすると少し大変です。

Search Console 999件まで

そこで、アドオンを使ってデータを一括で取得する方法を紹介します。
1,000件以上のデータでも、一気にGoogleスプレッドシートに直接抜き出せるので、肝心の解析作業がとても捗りますよ。

「Search Analytics for Sheets」アドオンを使えばサチコのデータを一括で抜き出せる

サチコのデータを一括で抜き出すためには、「Search Analytics for Sheets」アドオンを使います。
(名称に「Analytics」とあるため、Google Analyticsのアドオンっぽいのですがサチコのアドオンです)

Search Analytics for Sheets

「Search Analytics for Sheets」アドオンのインストール方法

  1. 「Search Analytics for Sheets」のアドオンのページから「+ 無料」のボタンを押すか、もしくは下記のようにGoogleスプレッドシートを開いた状態でアドオンメニューから、「アドオンを取得」を選択して「Search Analytics for sheets」を検索します。
    アドオンを取得
  2. インストールしようとすると、「Search Analytics for sheets」によるアプリの表示やデータ管理の許可の画面が表示されるので「許可」をクリックします。
    スコープの許可
  3. アドオン追加直後は下記のような表示になるので、「Search Analytics For Sheets」から「Open Sidebar」をクリックします。
    アドオン→ Search Analytics For Sheets → Open Sidebar
  4. 気付きにくいですが、下部に「処理しています」と表示されるのでしばらく待ちます。
    下部に「処理しています」
  5. 認証画面とアップデート通知を受け取るかの画面が表示されるので、それぞれ「Authorize」と「Close」をクリック。
    認証とアップデート通知

「Search Analytics for Sheets」の使い方

サイドバーに、サチコのどの値を取得するかなどが表示されます。
これは、サチコの画面と照らし合わせると、以下のようになります。

、「Search Analytics for sheets」と「Search Console」

  • 緑と黄緑の1~5はそれぞれサチコに対応する設定値
  • 赤の6~8は「Search Analytics for Sheets」の設定値

以下、各設定値をそれぞれ詳しく説明します。


  1. Verified Site
    データを取得するウェブサイトを選択します。
  2. Date Range
    データを取得する期間(最大90日間)を入力します。
  3. Search Type
    検索タイプを「ウェブ」「画像」「動画」から選択します。
  4. Group By
    取得するデータのグループを 「日付」「クエリ」「ページ」「国」「デバイス」から選択します(複数選択可能)。
    取得するデータのグループ
  5. Filter By
    各グループのデータを「●●●というキーワードを含む」などフィルタリングして取得します。
  6. Aggregation Type
    「集合タイプ」を選択します。基本的にDefault(auto)で構いません。
    (※データグループに「ページ」がない場合のみ「By Property」が選択できます。
    「By Property」にすると、例えばひとつのクエリで複数のページがヒットする場合でも、各データを1回だけカウントするようです)

    Aggregation Type
  7. Rows Returned
    取得するデータの数を「1000」「5000」「すべて」から選択します。
    サチコではできない「999件」を超えるデータが取得できることが分かります。
    Rows
  8. Results Sheet
    取得したデータをGoogleスプレッドシートのどのシートに出力するか「Create New Sheet(新しくシートを作成)」「Active Sheet(現在作業中のシート)」「任意のシート名」より選択します。
    Result Sheet

上記を設定して「Request Data」をクリックすると、スプレッドシートにサチコのデータが一括で出力されます。

データが多いとしばらく時間がかかりますが、サイドバー下に「Retrieved values successfully!」と表示されるまで気長に待ちます。

Retrieved values successfully!

 

取得結果

上記のようにデータが表示されれば完了です。
あとはこのまま使うなり、エクセルなどに変換ダウンロードするなりして活用しましょう。

以上、「Search Console(サチコ)の全データをGoogleスプレッドシートに一括で抜き出す方法」をお送りしました。

ちなみに、Search Console(サチコ)のことを学ぶなら以下の書籍がオススメです。

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

できる100の新法則 Google Search Console これからのSEOを変える基本と実践

村山 佑介, 井上 達也, できるシリーズ編集部
1,944円(11/22 23:45時点)
発売日:2015/09/18
Amazonの情報を掲載しています
参考にさせていただいた記事