今回は、ローカル開発環境構築の際、よく編集する必要がでてくる「hostsファイル」の場所と、そのhostsファイルを編集する際の注意点を紹介します。
※キャプチャ等は mac OS High Sierra (バージョン10.13.6)。

※Windowsの場合は以下の記事を参考にしてください。
hostsとhttpd-vhosts.confを変更してローカル開発環境にドメインを割り当てる方法

hostsファイルのパス

通常、hostsファイルは以下の場所にあります。

/private/etc/hosts

hostsファイルの場所はprivate/etc/

privateフォルダは、初期状態では不可視(隠しフォルダ)です。
Finder上に表示されていない場合はcommand + shift + .で表示できます。

【参考】不可視ファイルの表示/非表示を切り替える

また、パスを辿っていくのが面倒な場合は、Finderを開き、Command + Shift + Gで、「フォルダの場所を入力」を開いて、上記パスをコピーペーストすれば瞬時にhostsのフォルダ階層までたどり着けます。

「フォルダの場所を入力」を開く

1. Finderからhostsファイルを変更する方法

hostsファイルは、etcフォルダ内ではセキュリティ上、内容を変更・保存できないので、いったんデスクトップなどにhostsファイルをコピーして編集・保存します。

その後、/private/etc/フォルダに移動させて上書きをすればOKです。

デスクトップにコピーしたhostsを移動

※ただし、Finderの誤操作で、不可視フォルダごと誤って別の場所に移すなどすると、最悪OSの再インストールとなるレベルのダメージを負うことがあります。

そのため、不可視フォルダ内の操作は、できれば誤操作が少ない「ターミナル」を使用しての変更を推奨します。
(もちろん、ターミナルでも誤操作する可能性はありますが、FinderでのGUI(マウスやトラックパッド)操作よりその確率は低いはずです)

ということで、以下に誤操作の可能性が低くなるであろうターミナルでの変更方法を紹介します。

2. ターミナルからhostsファイルを変更する方法

  1. ターミナルを起動し、下記コマンドを打ってetcフォルダへ移動する
    cd /private/etc/
  2. hostsファイルの中身を「cat」コマンドで確認する

    cat hosts

    cat hostsコマンド

  3. 中身を確認したら、ターミナル上でエディタを起動する「vi」コマンドでhostsファイルを開く
    vi hosts
  4. このままでは入力できないので、insertモードにするためiを押してEnter
    iを押してINSERT
  5. 内容を編集し、Escでコマンドモードにもどる
  6. 変更内容を保存して終了するコマンド:wqを押してEnter
    :wqコマンドで保存して終了
  7. 再び「cat」コマンドで内容を確認し、hostsの内容が変更されていればOK。
    ターミナルを終了する。

いわゆるターミナルの“黒い画面”に慣れていないと怖く感じるかもしれません。
ですが、上記のようにひとつずつ手順を追って操作すれば、Finderでのマウス/トラックパッド操作よりミスる可能性は圧倒的に低くなるはずです。

以上、mac OS High Sierraでの 「hostsファイル」の場所と、「hostsファイルを編集する際の注意点」を紹介しました。

参考にさせていただいた記事