この記事では、Googleタグマネージャ(GTM)でGoogleアナリティクスを設置する方法を紹介します。

タグ「初期設定する」という基礎的な内容のみの紹介となりますが、Googleタグマネージャ(GTM)は案外落とし穴が多いので、はじめての人は慎重に設定をしましょう。

Googleタグマネージャの新規登録〜設置まで

  1. 「新しいアカウントの追加」を行います。
    新しいアカウントの追加
  2. コンテナの設定から、コンテナ名にドメイン、コンテナの使用場所を選びます。
    コンテナ設定
  3. Googleタグマネージャの利用規約に同意し、右上の「はい」をクリック。
    利用規約
  4. Googleタグマネージャ用のタグが表示されます。
    2つあるので、それぞれheadタグ内のなるべく上部と、bodyタグの直後に設置します。
    Googleタグマネージャのタグ

Googleタグマネージャ上でGoogleアナリティクスの設定をする

  1. 以下、ワークスペースの画面から「タグ」を選択します。
    ワークスペース
  2. それぞれ、タグに任意の名称(ここでは「GA」)、「タグタイプ」は[ユニバーサルアナリティクス]、「トラッキングタイプ」は[ページビュー]、「トリガー」は[All Pages ページビュー]を設定します。(※「Googleアナリティクス設定」に関しては後述します)
    タグの設定
  3. 「Googleアナリティクス設定」に関しては、以下[新しい変数]から設定を登録しておくと使い回しがラクになるので紹介します。
    新しい変数
  4. 変数に任意の名称(ここでは「GAのトラッキングタイプID」)、「変数の種類」に[Googleアナリティクス設定]、トラッキングIDにサイトのID[UA-**********-**]を指定します。
    Googleアナリティクス設定
  5. 続いて、詳細設定にて必要な項目があればチェックしておきます。

    (以下、よく使われるであろう2つの項目を紹介)

    • 「広告」の[ディスプレイ向け機能を有効にする]にチェック→Googleアナリティクスの「ユーザー属性レポートとインタレスト レポートの有効化」
    • 「高度な設定」の「拡張リンクアトリビューションを有効化」を[True]→ Googleアナリティクスの「拡張リンクのアトリビューションを使用する」

    高度な設定

    変数設定が完了すると以下のようになります。
    変数の完了画面

  6. 改めて、「Googleアナリティクス設定」に上記で作成した変数を「{{GAトラッキング}}」として入力します。
    変数を指定
  7. 最後に、(Googleタグマネージャの設定は「公開」しない限り有効にならないので)忘れずに「公開」しましょう。
    右上の[公開]をクリック。
    ワークスペースから公開
  8. バージョン名や変更した内容をメモし、再度[公開]を押せば完了です。
    メモを記載して公開

以上、Googleタグマネージャ(GTM)でGoogleアナリティクスを設置する方法を紹介しました。