Webデザインに必須のAdobeのツールといえば、PhotoshopやIllustratorかもしれません。

しかし、CS6でバージョンアップが終了されたにもかかわらず、「Fireworks」にもまだまだ根強いファンが多いと感じています。

Fireworksに自動バックアップ機能が欲しい

何より、Fireworksはベクターデータもラスター(ビットマップ)データもひとつのファイル内で扱え、素早くWebデザインを行えるという点が、他のソフトにはない便利な仕様です。

そんな私もFireworksラブなユーザーなのですが、大きいデータを使ってデザインしていると、メモリが足りなくなってしまって、突如アプリが強制終了・・・という悲しい事態がおこることもありました。

Photoshopには存在する「バックグラウンドで自動保存」の機能も、Fireworksにはありません。

しかし「保存前からやりなおす」という悲劇を避けるためにもなんとかならないかと諦めずに探してみたところ、Fireworksには、アドオンで作業中に自動でデータを保存してくれる「Fireworks AutoBackup」というものがありましたので紹介します。

「Fireworks AutoBackup」ダウンロード先

以下、もともと以下のAdobeの公式ページからリンクされていたのですが、辿れなくなってしまいました。

Adobe Fireworks * Fireworks ファイルの保存

公式からダウンロードできない

なので、現状は、公式ではありませんが「foxtoo.com」という下記サイトからダウンロードできます。

Fireworks-AutoBackup download on software download – foxtoo.com

また、いつ無くなるか分からないので念のため、当サーバにもアップしておきます。
Fireworks_AutoBackup.airをダウンロード

「Fireworks AutoBackup」のインストール方法と使い方

  1. 「Fireworks AutoBackup」を、インストールには「Adobe Air」が必要ですので、まず、Adobe Airをダウンロード、インストールしておきます。
  2. Adobe Airをインストール後、ダウンロードした「Fireworks_AutoBackup.air」をダブルクリックし、指示に従い、[インストール]→[続行]をクリックします。

    Fireworks_AutoBackup

    インストール画面1

    インストール画面2

  3. デスクトップにショートカットが作成され、起動すると常駐アプリとしてアイコンが表示されます。

    Fireworks AutoBackupショートカット

    タスクバーに常駐

  4. 常駐アイコンを右クリックして「Setting」をクリックすると、自動保存する時間(分)を入力できますので、任意の時間を入力して「Enable」を押せば完了です。
    ※分単位の設定なので、最短の設定で1分。
    自動保存する時間
  5. 正常に機能していれば、FireworksのPNGファイルを生成したのと同じフォルダ内の階層に「FWAIRBackup」というフォルダが自動でつくられ、その中に、設定した分数ごとにファイルが自動保存で上書きされていきます。

    自動保存されるフォルダ

    ちなみに、手動で保存した場合、上書き保存されません。
    Fireworks上で、以下のようにファイル名の先頭に「*」がついた非保存状態でのみ自動保存されます。

    非保存状態

    ※また、一番初めは手動で保存する必要があります、つまり「名称未設定.png」の状態では自動保存が開始されません。

この「Fireworks_AutoBackup」アドオン、地味に便利ですので、うっかりエラーの多い私には非常に重宝するアドオンでした٩(๑❛ᴗ❛๑)۶