Facebookで、何かしらURLを付けて投稿しようとすると下記画面のようなエラーが表示され、なぜか投稿できないことがあります。

Facebookへの投稿ができない

実は、投稿できない原因は「URL」の文字列に問題があるためです。
この記事では上記の状態に陥った時の対処方法を紹介します。

投稿が出来ない時はURLに禁止された文字が含まれているかも

冒頭でお伝えした通り、Facebookに投稿出来ない時は、URLに「NGワード」が入っていて投稿できない可能性があります。

NGワードの種類は明かされてはいませんが、例えばURLに「hack」などの文字があると投稿できないようです。
(その他アダルト系のワード、あるいはそれらを連想されるワードが入っていると引っかかると思われます)

NGワード

Facebookに投稿できるようにする方法

対処方には以下の2つがあります。

1. 投稿するURLを変更する

当然ですが、NGワードと思わしき言葉を含まないようにURLを変更する方法が一番確実です。

ただし、すでに元のURLをどこかしらで投稿したり、公開を通知している場合は元のURLから変更後の新しいURLに「.htaccess」などでリダイレクトをかけておく必要があります。
(「.htaccess」でのリダイレクトに関しては「.htaccess Editor」を使ってつくると便利です)

2. 事前にFacebookのシェアデバッガーに「デフォルトURL」を入力する(WordPressの場合のみ)

この方法は、以下のようにWordPressの設定で記事のURL(パーマリンク)を「基本」以外に設定している場合にのみ有効です。

パーマリンクを「基本」以外に設定

  1. まず、WordPressの記事投稿画面のURLで「post」パラメータの数字を確認します。
    WordPress記事のデフォルトURL

    https://example.com/wp/wp-admin/post.php?post=1079&action=edit

    (※上記の場合は1079)

  2. Facebookの「シェアデバッガー」に上記デフォルトの記事URLを記入し、「デバッグ」をクリック。
    Facebookシェアデバッガー
  3. 下記のように、「このURLはまだFacebookでシェアされていません」と表示されるので「新しい情報を取得」をクリック。
    新しい情報を取得
  4. クリック後、下記のようにステータスコード200で、「入力URL」にデフォルトのURL、「301 HTTPリダイレクト」に「カスタムしたURL(実際に投稿したいURL)」が表示されていればOK。
    (もし、うまく表示されない場合は「もう一度スクレイピング」をクリック)
    ステータスコード200

WordPressの場合のみ、上記方法で、URLを変更することなく、投稿できるようになります。
最後に、実際に投稿してみて問題なければ完了です。

正常に投稿

以上、FacebookでURLを付けて投稿しようとするとエラーがでて投稿できない場合の対処方を紹介しました。