au HOME SPOT cubeを永久無料レンタルしてきて設定、速度体感。

なんだこれは!?新しいボールか!?
うおおおおおお!!
hsc_hyuma.jpg

の星 飛雄馬で、有名かもしれないauのHOME SPOT cubeをレンタルしてきました。
その経緯と設定方法を紹介したいと思います。


レンタルの経緯 
もともと5、6年以上前のCorega の無線LANを使っていました。
hsp6.jpg
当然、DOG YEARと呼ばれるITの世界で5年もたてば、50年前レベルのおじいちゃん。
最近よく無線が切れて再起動が必要だったり、
速度もかなり遅いと感じるようになっていたため、新しい無線LANを購入しようと決意。

そんな折、ナイスタイミングでau HOME SPOT cubeという無線LAN代わりに使えるものの
存在を知り、またまたナイスタイミングでauのスマートフォンも契約しており、
永久無料レンタルの対象となっていたため
「おあつらえ向き発見!」ということで早速つい最近近場にできていたau shopへ。


不安な説明
しかし在庫切れで入荷に1週間~1か月くらい待ちといわれましたが3日くらいで入荷され、ゲット。
その際、店員さんに「PCもネットつなげますよね?」と確認すると、
「ノートパソコンならつなげます」という???な回答。

どうやら無線LANクライアントのあるPC=ノートPCという認識なのか、社員教育なのか、
期待した回答が得られなかったため、若干不安になる。

色々と切り口を変えて質問しても???な回答のため、
本体を見せてもらった。調べたら自分のやりたいことは問題なくできるな、と自己解決。

最近はデスクトップでも本体と液晶一体型のiMACやWindowsは無線クライアントも内臓している。
"デスクトップ=有線接続のみ"という誤った個人的解釈での回答なのか、機械的なマニュアル回答なのかはわからなかった。

そもそも本体をみれば有線接続が1つある。

hsp9.jpg

商品知識の教育が足りてないのかなぁと思い、これがもし無料じゃなくて、ちゃんとした売る商品だったら、
売れるもんも売れなくなるな、となんだか軽く危機感を持ちました。

これは家電屋さんでも往々にして起こっている事実だと感じます。
従業員の商品知識が乏しいために、消費者が求める機能があるにも関わらず、
間違った回答をしてしまい販売の機会損失を起こしている。

商品を提供する側の立場では笑えない事実ですね。

さて、話がだいぶ横道にそれましたが、戻しましょう。


スペックなどを調査 
「Home spot cube」で検索し、スペックなどがいかほどかを軽く調査、

いまどき150Mbpsの無線LANというのは、若干、見劣りする印象だ。

と、書いてありますが、現状のCoregaの無線LANの速度は確か20~50Mbpsだったので、
まったく問題ありません。何より無料ですし、贅沢は言いません。


設定する
そして早速家での設定へ。
かんたんに設定できるという、「かんたん接続マニュアル」どおり、
家の光回線終端装置から、Home spot cubeのWANポートにケーブルを指します。

スマホから「かんた接続設定」の手順のとおりにすすめ、
HOME SPOT cubeの上部のボタンをポチっと押せば、らくらく接続完了できると思いきや、

どうやら接続できていない。うーむ、全然簡単でない。

...PCはもちろんネットにつながらず、スマホすらもWi-Fiがつながっていない。

やはりプロバイダのパスワード設定が必要ということで、
改めてHOME SPOT CUBEの取扱説明書を読む。

hsp10.jpg

PC環境の違いによるフローでページを進めたが、結構迷いました。
自分の環境と違うことが書いてあるので、ページを飛ばせば戻されるという振り回されっぷり。

例) 「win7の方はP.80へ」→P.80へいくと、「有線接続はP.48へ」
みたいなたらいまわし感。

まぁここは私のサーチ能力と予測力が足りなかったのでしょう。
家電等の取説なんてここ数年まともに読んだ記憶もないですし。

ただ、一般的に考えても
最近はプラグアンドプレイ的なお手軽設定さの一方、機能の多様化、機器の種類・状況違いによる設定の複雑化もあり、わざわざ取説をしっかり読み込む人も少ないと思われます。(とりあえずいじってれば出来るだろう的な感じで)


と、また話が横道にそれました。
それでは有線PC、無線PC、スマホがWi-Fiでつながるように設定します。


ブラウザで192.168.0.254に接続

hsp4.jpg

「ルータの設定」画面への門番ですね。
ここにたどり着かねば家庭ネットワークの無線化は始まりません。
初期ユーザ名とパスワードは取説には
au
1234

と、書いてあります。ちなみにcoregaだと

root
パスワードなし

でした。rootとなしの組み合わせが一般的だと勝手に思い込んでましたが、
ちゃんと読まないとダメですね。


PPPoEのユーザー名とパスワードを接続

hsp3.jpg

ここで、プロバイダより授かりし、ユーザ名とパスワードが必要となります。
「なにそれ?どこにしまった?」

たいていこのパターンに陥りますので、プロバイダからの
書類はわかりやすいところにしまっておきましょう。

ちなみに私はYahoo!BBです。
hsp8.jpg

...見ての通り、実はネット接続初期設定後に、破り捨てるところだったのであります。

最初のネット設定は「ネット簡単接続CD-R」で簡単にネット接続したので、
終わり次第破り、シュレッダー行直前で、「これは重要書類ではないか!?」と、気づき保管したのです。
いや、ホント危なかった。

無事、ユーザ名とパスワード入力します。


各PCにはHOME SPOT CUBE裏側に書いてある無線接続用のパスワードを入力して完了 

あとはネットにつなげたいWindowsやMAC(AirMAC)が勝手にHOME SPOT CUBEの
存在を認識しますので、HOME SPOT CUBE裏側に書いてある無線接続用のパスワード(SSID1)
を入力して完了です。

hsp11.jpg

よそ様の家の無線もたくさん認識しております。


hsp7.jpg

HOME SPOT CUBE裏側にSSIDが3つ書いてあります。
SSID2(W)はゲーム、SSID3(A)は5GHzなので通常はSSID1で問題ないと思います。

ちなみにSSIDのパスワードは「ルータの設定画面」より変更可能かと思われますが、
変更して失念してしまっても厄介なのでそのままにしておきました。


全部のPCのネット接続を確認して完了 

hsp5.jpg

何台まで同時にネット接続できるのかわかりませんが、少なくとも3台は問題なしでした。
ちなみに壁を挟んで5m位離れている嫁の部屋のWindows VISTAも問題なく接続されました。

また、(当然有線接続がダントツで早いですが)
スマホの速度、PCの無線速度も申し分なしにアップしました!
(前の無線ルータが古すぎただけということもあります)


そしてオマケに、見た目もスタイリッシュなのでインテリアにも最適!
...みたいな印象ですが、無線ルータってだいたい部屋の片隅に置かれた上に、
配線やら何やらで、オシャレうんぬんより、あまり見えるところに置きませんよね。

hsp12.jpg

夜の緑色の光は液体の蚊取り線香みたいでした。



最後に、、、

auはなぜそもそもこれを無料で、しかも永久レンタル無料としたのか!?

契約を継続させるためのアイテムなのか、ブランドの愛顧・忠誠心を高めるためなのか、
はたまた新たな商品戦略への布石なのか!?

ソフトバンクのような「情報革命で人々を幸せに!」的な志の産物なのか!?

...とまぁ色々と考えを馳せたりもするのですが、
急に「翌月から有料です。」みたいな展開になっても困るので、そのあたりを少しだけ気にしつつ、
(以前よりは)快適な無線速度を堪能していきたいと思います。



2013年09月26日 に更新・修正した内容

星飛雄馬の画像を変更しました。

Share SocialMedia

Related

Comment(2)

エディーさん ━  2012年07月08日 14:24

wifiを配るのは、auの3G回線(スマホ等電話で使用)を圧迫しないために、インターネットへ通信データの負荷を逃がすためです。
家にいるときはwifiを使ってもらえれば、au回線の負荷が減るからですね♪
ソフトバンクなんかは一時期パンクしましたから、、、それでwifiスポットをばらまき始めました・・・

Jun'ya Hiranoさん ━  2012年07月08日 21:18

>エディーさん

なるほど。。。
サービスの安定的な供給のためというちゃんとした理由があったのですね。
教えていただきありがとうございます。

名前(ニックネーム)
コメントを書く

TrackBackこの記事を論及・引用、関連記事にして頂けたらありがたき幸せ。

PageTop

Search

Categoryを絞り込んで検索

Category

Calendar

show

Archive

AFFINGER4

Popularities

賢威
×